楽団員プロフィール

舘野 ヤンネ Janne Tateno
舘野 ヤンネ  1975年フィンランド・ヘルシンキ生まれ。

 ヘルシンキ音楽院にてOlga Parhomenko、Sirkka Kuula-Niskanenに、シカゴ芸術音楽学院にて森悠子の各氏に師事。ヘルシンキを拠点とする、ラ・テンペスタ(LaTempesta)室内管弦楽団のコンサートマスターを務める他Tangueros Polares(タンゴグループ)ユーシア・クァルテット(弦楽四重奏:2001年フィショッフ室内楽コンクール優勝)のメンバー。

 

 2005年丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんばのシンボルアーティストとして 招かれて以来、毎年当音楽祭にて活躍。現在、森悠子氏主宰の長岡京室内アンサンブルや、山形交響楽団第2ヴァイオリン客演首席奏者として多数のコンサートに出演する他、東京、関西を中心に日本各地、母国フィンランドはもとよりフランスなど海外でもソロ活動を行っている。2007年3、5月父、舘野泉(ピアノ)が監督を務めるオウルンサロ音楽祭(フィンランド)の日本版を初プロデュース。2008年3月神戸、京都、丹波にて“ArcticChamber2008”を開催好評を博すなどプロデューサーとしても活躍中。

 

 2008年4月より、山形交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者に就任。


 2018年10月 
Sun Mon Tue wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31