楽団員プロフィール

髙橋 和貴 Kazutaka Takahashi
髙橋 和貴  東京都出身。

 桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。NTT‐DoCoMo賞を受賞する。同年、安田生命クオリティオブライフ文化財団の奨学金を得てウィーンへ留学、さらに文化庁派遣芸術家在外研修員としてウィーン音楽院で学ぶ。


 これまでヴァイオリンを徳永二男、ボリス・クシュニール、アレクサンダー・アレンコフ、ヴラディミール・スピヴァコフ、ティボール・コヴァチ、ジュリアン・ラクリンの各氏に、室内楽をアルテンベルク・トリオに師事。

 パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール特別賞など、受賞多数。


 ソリストとして、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などと共演。ヨーロッパ各地の音楽祭にて、ソリスト、室内楽奏者として演奏する傍ら、マスターコースにも度々招かれ、弦楽合奏など、後進の指導にもあたっている。


 オーケストラ奏者としても、コンサートマスターとして、国内外の多数のオーケストラに客演。宮崎国際音楽祭や、サイトウキネンオーケストラなどにも毎年参加している。また、モーツァルトハウス・ウィーン弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍中。


2015年4月より、山形交響楽団のソロ・コンサートマスターに就任。


 2018年01月 
Sun Mon Tue wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31