MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Kosuke
Matsuoka

松岡 恒介

トランペット

Kosuke Matsuoka

和歌山県出身。13歳よりトランペットを始める。相愛大学音楽学部音楽学科管楽器専攻を卒業、同大学音楽専攻科器楽専攻を修了。

2013年6月、山形交響楽団に入団。

2001年、第2回大阪国際音楽コンクール 管楽器部門 高等学校の部 にて、1位無しの3位入賞。

2009年、第78回日本音楽コンクール トランペット部門 入選。

2012年、第81回日本音楽コンクール トランペット部門 3位入賞。

2006年、大学4回生在学中「第19回相愛オーケストラ・コンチェルトの夕べ」にてソリストに選出され、相愛オーケストラと F.J.Haydnの協奏曲を協演。

2010年、日本トランペット協会主催第25回トランペット・フェスティヴァル「期待の新進奏者によるソロ・コンサート」に出演。

若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」に参加、ティモシー・モリソン、猶井正幸 両氏のレッスンを受講。

サイトウ・キネン「青少年のためのオペラ」に出演。

 

2012年、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。

CD「7人のトランペット奏者によるソロ曲集Vol.6」の収録に参加。

2016年、宝塚と山形にてリサイタルを開催。

 

ソリストとして、学校吹奏楽部と協演。

A.Vivaldiの2つのトランペットのための協奏曲、F.J.Haydnの協奏曲を山形交響楽団と協演。

 

トランペットを早坂宏明、椿 弘の両氏に師事。また、飯塚一郎、エリック・オビエの両氏のレッスンを受講。

 

現在、山形交響楽団トランペット奏者。

山形県立山形北高等学校音楽科非常勤講師。

 

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ