MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Janne
Tateno

ヤンネ 舘野

第2ヴァイオリン首席

Janne Tateno

フィンランド・ヘルシンキ生まれ。オーストラリアにてジュリアン・クイリット、フィンランド・ヘルシンキ音楽院にてシルッカ・クーラ、オルガ・パルホメンコ、シカゴ芸術音楽学院にて森悠子の各氏に師事。室内楽をイェルツィ・ゲベルト、バロック音楽をデビッド・シュレーダー両氏より学ぶ。

98~07年オウルンサロ音楽祭(フィンランド)に出演。ソリストとして大阪チェンバーオーケストラ、東京エラート室内管弦楽団、山形交響楽団と共演。11年東京文化会館にてデビューリサイタルを行う。15年ヘルシンキにてW.ケンプのヴァイオリンコンチェルトを演奏。

現在、横浜に在住し、日本各地にて室内楽、オーケストラ奏者、ソリストとしても活動。ヘルシンキを拠点とするラ・テンペスタ室内管弦楽団のコンサートマスター、音楽監督を努める他、山形交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者、森悠子主宰長岡京室内アンサンブルのメンバーとしても活躍。

またアルゼンチンタンゴのタンゲロス・ポラレス(フィンランド)タンゲロス・アルティコス(日本)での出演などフィンランドと日本2つの祖国において幅広い活動を展開。

17年アンサンブルMIDORIを結成自主企画室内楽コンサートシリーズを開始。18年ソロCD『Janne Plays Sibelius』(レコード芸術準特選)リリース。

ヤンネ舘野ホームページ→ Janne TATENO WEBsite 

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ