MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Satoru
Minami

南 悟

ティンパニ&パーカッション

Satoru Minami

埼玉県生まれ、東京育ち。

中学生の時に、初めて聴いたオーケストラの演奏会から刺激を受け、打楽器に興味を持ったのをきっかけに野仲啓之助氏に師事する。

自身の、オーケストラの打楽器奏者としての将来を決定づけるきっかけになったこの演奏会は、偶然にも楽団創立を間近に控えた、山形交響楽団創立名誉指揮者・村川千秋氏の指揮によるものだった。

1976年より、桐朋学園大学ディプロマコースにおいて、小林美隆氏に師事。

1982年4月、山形交響楽団入団。


楽団員インタビュー 2018年10月13,14日開催「第272回定期演奏会」プログラムより)

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ