MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Ryohei
Ota

太田 涼平

トロンボーン首席

Ryohei Ota

長野県松本市出身。小諸高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、2014年より山形交響楽団首席トロンボーン奏者として入団。郡山女子大学付属高校音楽科非常勤講師。管楽器専門店「ブリリアント」トロンボーン講師。

第11回日本トロンボーンコンペティション奨励賞。

第2回日本トロンボーン学生音楽コンクール第2位入賞。

第4回日本トロンボーン学生音楽コンクール第1位入賞。

第4回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパング第2位入賞。

在学中、成績優秀者による管楽アンサンブルの夕べにて独奏と金管5重奏で出演。

第13回日本トロンボーン協会主催トロンボーンフェスティバルにて招待演奏。

2011年、2012年にトロンボーンデュオリサイタルを開催。

新庄吹奏楽団、山形交響楽団とソリストとして協演。

武生国際音楽祭2009、レインボー21サントリーホールデビューコンサート2009

第12回別府アルゲリッチ音楽祭に出演。

若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」'11

サイトウキネンフェスティバル'11でバンダとして出演。

小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXI'12

宮崎国際音楽祭2013、アフィニス夏の音楽祭2014、ローム・ミュージックフェスティバル2018に出演。

CGK Trombone Quartet、Trombone Quartet 虎徹 Kotetsu、LUSTIA Trombone Quartet メンバー。

室内楽を田宮堅二、佛坂咲千代の各氏。トロンボーンを、市村信持、小田桐寛之、神谷敏、三輪純生の各氏に師事。


楽団員インタビュー 2017年11月18,19日開催「第264回定期演奏会」プログラムより)

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ