MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Jo
Kurata

倉田 讓

ヴィオラ

Jo Kurata

東京都出身。2歳半よりヴァイオリンを始める。武蔵大学経済学部を経て、ヴァイオリンからヴィオラに転向して音楽の道を目指す。武蔵野音楽大学卒業。在学中よりフリーの奏者として各地のオーケストラ・室内楽・ポップスセッションなどに参加。1994年ヤングプラハ音楽祭に参加。


 1999年山形交響楽団入団。

 2007~10年、山形県立山形北高等学校音楽科非常勤講師も務める。2011年より山形大学フィルハーモニーオーケストラトレーナーに就任。


 ヴァイオリンを山形淳子、澤田みちる各氏に師事。ヴィオラをU.コッホ、 木村恵子、斎藤美枝の各氏に師事。室内楽を磯良男、U.コッホ、J.シュタール各氏に師事。


 大江町在住。

 

 山形弦楽四重奏団メンバー。

 


楽団員インタビュー 2019年11月23,24日開催「第280回定期演奏会」プログラムより)

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ