MENU
キービジュアル キービジュアル

楽団員紹介

Yasuhito
Yamanaka

山中 保人

ヴィオラ首席

Yasuhito Yamanaka

川崎市生まれ。国立音楽大学付属音楽高等学校卒業後、渡欧、ウィーン国立音楽大学入学。

在学中、PMF2005他、様々な音楽祭に参加。最優秀の成績で卒業後、同大学院、リンツ・ブルックナー管弦楽団の契約団員を経て、2010-2014年 ニーダーバイエルン州立劇場、2014-2017年 レーゲンスブルク歌劇場にて活動。

2018年、山形交響楽団首席奏者に就任。


これまでにヴァイオリンを吉村邦子、大関博明の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦、ゲオルグ・ハーマン、ヨハネス・フリーダー、ジークフリード・フューリンガーの各氏に、室内楽をベータ―・マツカ、ヨハネス・マイスル、ペーター・シューマイヤーの各氏に師事。

 

楽団員インタビュー 2018年3月17,18日開催「第267回定期演奏会」プログラムより)

一覧に戻る

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ