MENU
キービジュアル キービジュアル

山響が目指すもの

  • TOP
  • 山響が目指すもの
  • 子どもたちはオーケストラとともに育つ山形
  • 食・温泉・歴史・・・山形の魅力を発信する
  • 舞台芸術により、地域社会の一体感を育む
  • 吹奏楽・合唱・聴衆・・・文化を育む担い手の育成
  • 芸術性を追求し、文化牽引を担う

MISSION

オーケストラ体験を通じて
地方都市 山形の未来創造に貢献する

  • 急速な少子化の中でスクールコンサートを持続
  • ユアタウン・庄内定期を通じ4大文化圏の活性化
  • 映像配信を通じた観光資源との連携を促進
  • 演奏配信を通じて山形の魅力発信事業の強化
  • 持続的経営基盤を構築し、芸術性を向上させる

VISION

YAMAGATAと
世界を結ぶHubになる山響

“山の向こうのもう一つの日本”と評される山形の魅力を伝える

1988年にはライシャワー駐日大使が“山の向こうのもう一つの日本”と表現した山形の魅力。この言葉は山形の名刹 山寺の石碑に刻まれています。
山形交響楽団は東京・大阪での「さくらんぼコンサート」、配信などを通じて“YAMAGATA”の魅力を発信し続けています。

国内外に”YAMAGATA”の魅力を発信し、誘客・都市の満足度を高める

「食と温泉の国」山形の魅力をご存知ですか?

  • 全ての市町村に温泉

    全ての市町村に温泉

    名湯、秘湯に恵まれた山形県には全市町村に天然温泉があります。自然に囲まれた露天風呂や銀山温泉のレトロな温泉街など景観とともに楽しむことができます。温泉の成分や風情もさまざま。山形は「温泉王国」です。

  • 健康・医療のまちづくり

    健康・医療のまちづくり

    北日本で唯一の重粒子線がん治療装置を持つ山形大学病院。そして、鶴岡はバイオ科学の先進地です。昔からの温泉湯治はクアオルトとしてかみのやま温泉で進化中。歳を重ねてもいきいき暮らせるまちづくりが進められています。

  • パワースポット・祈りの聖地

    パワースポット・祈りの聖地

    出羽三山の奥の院、湯殿山。いにしえより「語るなかれ、聞くなかれ」と厳しく言い伝えられた霊場でした。ここで生まれたのが自分の身をささげて人々を救おうと願う「即身仏」の信仰。この地はまぎれもない聖地です。

  • キャッチフレーズは「おいしい山形」

    キャッチフレーズは「おいしい山形」

    全国シェア7割のさくらんぼだけでなく、お米はつや姫、雪若丸。前菜にだだちゃ豆なら、メイン料理に米沢牛やブランド豚、庄内浜のお魚も。デザートの果物はスイカ、メロン、ブドウ、リンゴにラフランス。加えて、酒蔵、ワイナリー。美食・美酒が自慢です。

  • 歴史遺産が練習場

    歴史遺産が練習場

    練習風景をSNSにアップすると、「ヨーロッパみたい」とつぶやきが返ってきます。山響の練習会場の文翔館(旧山形県庁舎・議場ホール)は大正5年に建てられた国の重要文化財。英国ルネッサンス様式を基調とした意匠です。

  • 四季あざやかに癒しあふれる

    四季あざやかに癒しあふれる

    夏はどこよりも暑く、そして冬は豪雪。芽ぶきの春と紅葉の秋。鮮やかな四季と共存する暮らしがここにはあります。山形は周囲を山に護られ、ブナ(広葉樹)の天然林や滝の数は日本一。癒しをもたらす滝のマイナスイオンと森のフィトンチッドがあふれています。

“ここでしか聴くことのできない響き”を目指して

MISSION&VISIONで示した山響のありたい姿。
それを実現していくために、以下の事業を展開しています。

常任指揮者 阪 哲朗を中心に
「歌を奏でる山響」の魅力を磨き
“YAMAGATA”を発信していく

  • 定期演奏会は
    入場率90%を誇る基幹事業

    山響のパイロット事業

  • ユアタウンコンサート&
    庄内定期演奏会

    4大文化圏の文化牽引

  • 感性を育み、裾野を広げる
    山響の根幹事業

    スクールコンサート

  • 各地の演奏会・配信を通じて
    山響・山形の魅力を届けていく

    オンライン配信事業

メッセージ

  • 阪 哲郎

    Tetsuro
    Ban

    常任指揮者

    阪 哲朗

    【歌を奏でる山響】
     山形交響楽団常任指揮者に就任して3年が経ちました。初共演以来、通算20年以上のお付き合いになりますが、なかでも昨年のコロナ禍という状況の中で取り組んだ「ベートーヴェン交響曲連続演奏」やオペラ「トゥーランドット」は私たちにとって特別な体験でした。
    また公演の多くは、ネット配信によって日本のみならず国を越えた皆さんに山響を感じていただき、これまで山響に馴染みの無かったファン層の拡大にもつながりました。特に、ツイッターなどの文明の利器を用いながら、演奏会や動画配信を遠く離れたリスナーの皆さんと一緒に作り上げる不思議な一体感は、今の時代ならではの得難い経験でした。
     山形には、私が30年弱を過ごしたヨーロッパのように、豊かな自然と歴史文化、独自の空気感があります。そこに山響を創立された村川さんのフロンティア魂、そして飯森さんが培われた緻密なアンサンブル…それらの土台の上に、作曲家の心に想いを馳せ、楽員個々の表現を磨き、“歌”を奏でられたら!と思っています。
    山響の奏でる“歌“を入り口に、山形の魅力に触れていただければ、これほど嬉しいことはありません。山形でお会いしましょう!

  • 園部 稔

    MINORU
    SONOBE

    理事長

    園部 稔

    山形交響楽団は1972年創立以来50周年を迎えようとしています。子どもたちに真に豊かな感性を持ってほしい、その想いから始まった山響の原点であるスクールコンサートは、今日まで300万人の子どもたちに生のオーケストラの感動を届けてまいりました。次の世代へとはばたく未来の子どもたちにとって、生の音楽に触れることは何よりの心の財産となることでしょう。私たちが50年もの間、音楽の灯を絶やすことなく、地域に結びついた音楽活動を続けてこられたのも、山響を愛する多くの方々のご支援、ご協力の賜物と心より感謝しております。
    山響は地方にありながら、その先には日本、そして世界があります。多くの魅力的な自然・歴史・食材がある山形を、そして澄みきった空気の中で創り上げる山響サウンドを世界へ向けて、私たちはこれからも発信してまいります。
    山形と世界を結ぶ架け橋となるべく、より開かれた楽団を目指してまいりますので、ぜひ皆様の変わらぬご声援、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

DONATE & JOIN

子どもたちの感性を育み、歴史と文化、自然に恵まれた山形の魅力を世界に向けて届け続けるため、
山形交響楽団の活動にご支援をお願いいたします
・・・東京一極集中”から“個性豊かな地域の魅力”溢れる未来へ